玉千代のお稽古ぶろぐ

横浜で芸者見習いをしております、玉千代です。お稽古のことやプライベートなことまで、いろいろ書いていこうと思います。

「あやめ」と「しょうぶ」の違いとは?

こんにちは!

芸者見習い中の玉千代です♪

 

6月も気が付けば半ばです。

だんだんと日射しが強くなって、日傘が欠かせなくなってきました><

 

 

6月の季語に「菖蒲」があります。

皆さんはこれを何と読みますか?

 

あやめ?

しょうぶ?

 

正解は、、、どちらも正解です◎

 

 

実はこの「あやめ」と「しょうぶ」は、漢字は同じでも種類は全く別物です。

 

ちなみに、菖蒲園などで私達が良く目にする「菖蒲」は、「はなしょうぶ」と呼びます。

「しょうぶ」も別の植物なのです。

 

ややこしいですね(⌒-⌒; )

 

更に、「あやめ」「はなしょうぶ」と非常に似ている「杜若(かきつばた)」という花もあります。

 

『いずれ菖蒲か杜若』ということわざがありますね。

これは、どちらも優れていて選択に迷ってしまうという意味で使われます。

「あやめ」と「かきつばた」はどちらも非常に似ていて美しいことから、美しい女性に対して使われていたそうです♪

どっちかなんて選べな〜い!だなんて、贅沢ですね(*´ω`*)

 

 

あやめ?はなしょうぶ?見分け方は花弁の違い!

 さて、同じ漢字で見た目も似ており見頃な時期もだいたい同じという、ソックリさんなこのお花ですが、見分け方は花弁にあります!

 

・しょうぶ

f:id:yokohamageisya:20170619094959j:image

「しょうぶ」の花はこのような形状をしています。

端午の節句の時にお風呂に入れるものと覚えると良いかもしれません^^

 

・あやめ

 f:id:yokohamageisya:20170619095243j:image

「あやめ」は、花弁の元のところに網目状の模様があるのが特徴です。

 

・はなしょうぶ

 f:id:yokohamageisya:20170619095524j:image

菖蒲園などで見かける「はなしょうぶ」は、花弁の元に細長い黄色い模様があります。

 

・かきつばた

f:id:yokohamageisya:20170619171931j:image

「かきつばた」は、花弁の模様が白いことが特徴です。 

 

 

これはあやめ?かきつばた?と迷われた際は、是非花弁を観察してみてください^^